Entry: main  << >>
ADL評価法FIM講習会(西日本、公式第3回)およびFA大会のお知らせ
ADL評価法FIM講習会(西日本、公式第3回)
FIM(機能的自立度評価法)ver.3の評価基準 具体例をわかりやすく説明いたします。

初めてFIMを勉強される方が対象です。FIM総論、運動項目、認知項目に分けて、今までの講習会を更にバージョンアップし、丁寧にわかりやすく、解説いたします。
日  時: 2009年1月31日(土) 午後13:30〜17:30(予定)
         2月 1日(日) 午後13:30〜17:30(予定)
※今年は、同一内容で2回開催予定ですので、土曜の午後、日曜の午後、どちらかお選びいただけます。

場  所:兵庫医科大学平成記念会館
【阪神電鉄武庫川駅下車西出口より徒歩5分 阪神電鉄甲子園駅下車タクシーで約5分、JR甲子園口下車タクシーで約10分】 

受講料:5,000円(慶應大学リハビリ医学主催の講習会と同額です。)
(日曜日午前中に行われますFA大会と合わせてご出席の方は、昼食ご希望の方は昼食含め合計8,000円、不要の方は7000円)※CRASEED正会員は20%引き、CRASEED賛助会員の施設職員は10%引き
申込方法:FA(FunctionalAssesment)大会と同じ 

FA(FunctionalAssessment)大会 

FIMに関した演題発表。(下記の演題募集要項をご覧下さい)
特別講演 小山哲男先生「脳卒中患者の日常生活動作と生活設計について」

また、FIMに関連した研究に関する演題も、合わせて募集します。職種を問わずどなたでも応募可能です。
演題応募の詳細に関してはこちらをご覧ください。
日 時:2009年2月1日(日) 午前9:00〜12:00
場 所:兵庫医科大学平成記念会館
参加費:3,000円
(1月31日または2月1日午後に行われますADL評価法FIM講習会と合わせてご出席の方は、昼食ご希望の方は昼食含め合計8,000円、不要の方は7000円)※CRASEED正会員は20%引き、CRASEED賛助会員の施設職員は10%引き


申込方法:メール、又は往復はがき(一人一枚)にご希望コース、お名前、ご所属、ご職種、ご連絡先住所、日中の連絡が可能な電話番号をご記入の上、下記申し込み先宛にご郵送ください。追って、受講の可否・受講料振込先などを返信にてご案内させていただきます。受講料の入金の確認をもって申し込み手続きの完了とさせていださきます。

※ADL評価法FIM講習会へご参加の方は、参加日もお忘れなく記載をお願いいたします。
※コース:①FA大会のみ(2月1日(日)9時〜12時に同時開催)
     ②ADL評価法FIM講習会のみ(参加日もお忘れなく)  
     ③FA大会及びADL評価法FIM講習会(参加日及びお弁当のご希望有無をお忘れなく)

受講申込手続完了後のキャンセルについて:理由の如何を問わず、 受講手続完了後(受講料振込後)のキャンセル、受講料の返金は出来かねますので予めご了承ください。

申込先 :〒663-8501 西宮武庫川町1-1 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
E-Mail office*craseed.org(*を@に変更して下さい。)

<FA大会、演題募集要項>
以下の内容をメールで、添付ファイルとしてご送付ください。折り返しご連絡いたします。
①所属、②筆頭演者(職種)、共同演者(職種)、③タイトル、④発表抄録800字以内。図表不可。⑤筆頭演者連絡先
演題の例)脳卒中におけるFIMの年齢別予後
     職種間で採点誤差が開きやすい項目
     高齢者の在宅復帰を可能にする退院時FIM得点の最低ラインなど
演題申込先:メール:office*craseed.org(*を@に変更して下さい。)
演題申込締切:12月15日


申し込み先:〒663-8501 西宮武庫川町1-1 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
E-Mail office*craseed.org(*を@に変更して下さい。)
※ご不明な点がございましたら、事務局までお問い合わせください。※先着順のため、定員になり次第、締め切らせていただきます。

問い合わせ先:【事務局】兵庫医科大学リハビリ医学教室〔木村、三上〕
 Tel: 0798-45-6881(直通 平日午前9時−午後4時30分)
 FAX: 0798-45-6948
 E-mail: office*craseed.org(*を@に変更して下さい。)
主 催: 兵庫医科大学リハビリテーション医学教室
共 催: NPO法人リハビリテーション医療推進機構 CRASEED

| FIM講習会 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback